G7サミット

トランプ氏が枠組み変更論も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領=西田進一郎撮影
トランプ米大統領=西田進一郎撮影

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領が26日からイタリア・シチリア島で開催される主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)で、G7の枠組み変更論に踏み込む可能性が出てきた。中国やロシアを含まないことへの疑問が背景にあるが、保護主義への対抗や新たな地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」をめぐる協議にも影響しそうだ。

 トランプ氏はG7サミットに初めて参加する。米ホワイトハウス高官は17日、「ロシアや中国抜きのG7が十分に生産的なものか検討する可能性がある」と指摘。「トランプ氏はサミットに出席し、そこで価値あるものかどうか考える」とも述べ、サミットの内容次第では、枠組み変更論を唱える可能性に言及した。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文697文字)

あわせて読みたい

注目の特集