メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露大統領

「米国で政治的な統合失調症進行」

 【モスクワ杉尾直哉】トランプ米大統領がロシアのラブロフ外相に機密情報を漏らしたと報じられた問題について、プーチン露大統領は17日、「米国で政治的な統合失調症が進行しているとしか言いようがない」と批判した。ロシアとの関係改善を模索するトランプ政権を妨害する米国内の動きにいらだちをあらわにした。

 露南部ソチで、イタリアのジェンティローニ首相との会談後の共同記者会見で述べた。プーチン氏は「(ラブロフ外相は)私にもロシアの情報機関にも、この『機密情報』を伝えていない。彼を戒告処分にしなければならない」とジョークを飛ばし、トランプ氏から機密情報を受けたとする疑惑を否定した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネモフィラ 空色に染まる広場 岐阜・可児
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]