メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国・ASEAN

南シナ海規範「骨抜き」 枠組み合意

 【貴陽市(中国貴州省)河津啓介】中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)は18日、中国貴州省貴陽市で南シナ海問題を巡る高級事務レベル会合を開いた。今年上半期の策定を目指していた、紛争解消に向けた「行動規範(COC)」の枠組み草案に合意したと発表した。だが、最大の課題である法的拘束力について中国側は「今後の議題」と説明。中国の意向を強く反映した「骨抜き」の議論に終わった模様だ。

 会合後の記者会見で、双方の代表は「期限内の合意を達成できた」と口をそろえた。だが、中国の劉振民外務次官は合意内容について「(COCの)原則などの関連要素であり具体的なルールではない」と述べるだけで、詳細は「今後の政治的環境のために公開できない」とした。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです