メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国フィリピン

南シナ海問題 半年ごと定期開催へ

仲裁裁判所の判決、事実上棚上げ 19日に合意の見通し

 【貴陽市(中国貴州省)河津啓介】中国貴州省貴陽市で19日に開かれる南シナ海問題を巡る中国とフィリピンの対話メカニズム初会合で、両国が次官級会合の半年ごとの定期開催で合意する見通しとなったことがわかった。同行筋が明らかにした。昨年7月の仲裁裁判所の判決で南シナ海の権益を争った中比両国が事実上、判決を棚上げして対話に乗り出す。国際司法の判断が外交交渉によって覆される恐れが出ている。

 19日の会合では設立趣旨や構成メンバーなど基本的な事項を話し合う。議題では、対話メカニズムを「信頼…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです