メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンシンに妊娠の可能性 食欲減少など

 上野動物園(東京都台東区)は18日、ジャイアントパンダの雌のシンシン(11歳)に妊娠の兆候がみられると発表した。赤ちゃんが生まれれば、生後6日で死んだ2012年7月以来5年ぶり。妊娠していないのに同じような変化がみられる「偽妊娠」の可能性もあり、注意深く観察する。

     同園によると、シンシンは16日ごろから、食欲がなくなり、寝るなど休む時間が増えた。ホルモン値も上昇傾向にあり、妊娠した可能性があるという。

     シンシンは雄のリーリー(11歳)とともに2月に発情の兆候がみられ、同居させた2月27日に3度の交尾が確認された。パンダの妊娠期間は約80~200日とされ、シンシンは12年には最初の交尾から103日目に雄の赤ちゃんを出産した。

     妊娠の確認は難しく、同園教育普及課の金子美香子課長は「最後まで気を抜かず、ささいな変化を見逃さないようにしたい」と話している。【柳澤一男】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神戸市議 政活費を返還 今井絵理子氏の参院選応援か
    2. 記者の目 小林麻央さんからの「伝言」=三輪晴美(生活報道部)
    3. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
    4. 変革 第4部 セブン&アイHD/15 聖域にメス 揺れる社員
    5. ホリプロ 仮処分申請 松居一代さんの行為巡り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]