メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アリゲーターガー

胃の中は空っぽ…兵庫の揖保川でも捕獲

捕獲されたアリゲーターガー=揖保川漁協提供

 兵庫県たつの市の揖保川支流で大型外来魚「アリゲーターガー」が捕獲された。アユやウナギなどを捕食しているのではと懸念されていたが、胃の中は空っぽだった。

 目撃情報が相次ぎ、揖保川漁協が水中に電気を流すなど6回も捕獲作戦を展開したが不発。今月2日、同県姫路市の男性が釣り上げた。

 解剖した姫路市立水族館はガーを剥製にして展示し、川に捨てられた外来魚が生態系を壊す危険性を訴える。同漁協の担当者は「複数匹いたという情報があり、作戦は続行します」と目がつり上がったまま。【待鳥航志】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS YOSHIKI、引退小室と話し安堵「またいつか一緒に音楽を創作しましょう」
  2. レジオネラ菌 3人感染、1人が死亡 加湿器から広がる 国東の施設 /大分
  3. 新燃岳 2日連続、火山性地震頻発
  4. 殺人未遂 女子高校生ナイフで刺す、中学生逮捕 鹿児島
  5. 米政府機関 予算失効で4年ぶり閉鎖

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]