大阪市

6月に地下鉄新会社を設立 18年の民営化向けて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

名前「大阪市高速電気軌道株式会社」 「社長は民間から」

 大阪市交通局は18日、2018年4月の市営地下鉄民営化に伴う新会社の設立に向け、準備会社の「大阪市高速電気軌道株式会社」を6月1日付で設立すると発表した。準備会社の名称が、そのまま新会社名になる予定。吉村洋文市長は新会社の社長について「民間出身が望ましい」と述べ、年内にも内定させる意向を示した。

 市交通局によると、準備会社は同市西区の交通局本局庁舎内に置く。市が100%出資し、資本金は8750万円。代表取締役1人と取締役1人、総務・企画担当3人の計5人で構成し、いずれも交通局職員から充てる。準備会社は、鉄道事業免許の移行手続きや職員の新規採用・転籍受け入れ業務などを担当する。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文625文字)

あわせて読みたい

注目の特集