メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無線LAN「ただ乗り」無罪

総務省「違法の場合も」

イメージ=ゲッティ

「情報傍受の行為は『無線通信の秘密の窃用』に当たる」

 他人の無線LANの暗号鍵を解読して無断使用する「ただ乗り」行為をしたとして、電波法違反に問われた被告に東京地裁が言い渡した無罪判決が今月12日に確定した。しかし、同法を所管する総務省は「今回の事案は無罪だったが、『ただ乗り』が電波法違反になる場合もある」と警告している。

 今回の裁判では、被告が解読した暗号鍵を無断使用したことが、同法が禁じる「無線通信の秘密の窃用」に当…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

  4. 東名あおり運転控訴審 初公判で即日結審 危険運転致死傷成否が最大の争点 東京高裁

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです