メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西原理恵子さん

新作は「卒母した女性の悩みや第二の人生描きたい」

西原理恵子さん=小出洋平撮影

 西原理恵子さんの連載漫画「毎日かあさん」(毎日新聞朝刊)が6月26日で終わります。2002年10月の連載開始から足かけ16年、通算723回にわたり、好評を博しました。しかし、息子はこの春に大学に入学、娘も高校2年生となり、自立する年となりました。かあさんを卒業した気持ちと女性の生き方、そして10月から始まる新連載について西原さんに聞きました。【聞き手・矢澤秀範】

 --長期にわたる連載を終える決断をした理由は。

 お母さんが終わったからです。うちでは16歳が独り立ちの時と決めていて、下の娘がその年齢に達しました。自分のすることを自分で決めて、舟に帆を張り、そこに風が吹いているような状況だと思うんです。「あっ、お母さん終わった」って気が付いたんです。

この記事は有料記事です。

残り3668文字(全文3995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです