連載

ウマ女十番勝負

「真希バオー」こと中嶋真希記者が全GⅠレースを予想。競馬の魅力を伝えます。

連載一覧

ウマ女十番勝負

(番外編)菊花賞馬なでなで 馬好きのためのマラソンを走ってみた

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
競走馬の調教に使う坂路コースを走る「ノーザンホースパークマラソン」のトレイルラン部門=2017年5月14日、中嶋真希撮影
競走馬の調教に使う坂路コースを走る「ノーザンホースパークマラソン」のトレイルラン部門=2017年5月14日、中嶋真希撮影

 競馬好きにはたまらないマラソン大会がある。北海道で毎年5月に開かれる「ノーザンホースパークマラソン」は、オルフェーヴルも過ごしたトレーニング施設や、放牧地沿いを走る。デジタル編集部のウマ女記者が今年「初出走」。心地よい馬ふんの匂いをかぎながら、7キロのトレイルランと、ハーフマラソンの計28キロを走破した大会の模様をリポートする。【中嶋真希】

 新千歳空港から車で10分。ノーザンホースパーク(苫小牧市美沢)は、元競走馬やポニーなどとふれあえる観光牧場だ。2004年に菊花賞を勝ったデルタブルースや、05年の日本ダービーでディープインパクトと競り合い2着に入ったインティライミ、ディープインパクトの母親ウインドインハーヘアなどに会える。ここで11年からマラソン大会が開催されている。今年は、2.5キロのペアランも含めて計3000人以上が参加した…

この記事は有料記事です。

残り1560文字(全文1932文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集