メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン大統領選

ロウハニ師優勢 政府当局者 ロイター報道

 【テヘラン篠田航一】イラン大統領選は20日午前0時(日本時間20日午前4時半)に投票が締め切られ、開票作業に入った。再選を目指す保守穏健派のハッサン・ロウハニ大統領(68)と、保守強硬派エブラヒム・ライシ前検事総長(56)による事実上の一騎打ち。公式の中間結果は発表されていないが、ロイター通信は当局者の話として、約9割が開票され、ロウハニ師が得票率58%で大きくリードしていると伝えた。20日中に結果が判明する見通し。

 イラン国営メディアによると、投票率は前回(2013年)の約73%とほぼ同じで、70%前後と予測され…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです