メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

露政府介入疑惑 FBI前長官、証言へ 「司法妨害」が焦点 上院公聴会

 【ワシントン岩佐淳士】米上院情報委員会は19日、ロシア政府による米大統領選介入疑惑を巡り、9日に解任された連邦捜査局(FBI)のコミー前長官が公聴会での証言に応じたと発表した。公聴会は今月30日以降に開かれる。議会による調査や当局の捜査を方向付けるカギとなりそうだ。米メディアは現役のホワイトハウス高官も捜査対象となっていると報じるなど「ロシア疑惑」は拡大の様相を見せている。

 コミー氏が公の場で発言するのは解任後初めて。解任の経緯を巡ってはトランプ氏による「司法妨害」の疑い…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです