メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

耳で楽しむ映画続々 アプリで音声ガイド 視覚障害者向け、配給4社本格導入

音声ガイドが利用できる「UDCast」をダウンロードしたスマートフォン=日本ライトハウス情報文化センターで2017年5月18日、幾島健太郎撮影

 視覚障害者の映画鑑賞の機会を増やそうと「日本映画製作者連盟」(映連)加盟の映画配給大手4社が邦画作品で、人の動きや情景を説明する音声ガイド付き上映の本格導入を進めている。各社の年間の自社配給分の約3分の1から全作品が対象。障害者支援の法整備や専用アプリ開発が後押しした。開催中の仏カンヌ国際映画祭に出品された邦画「光」(河瀬直美監督)も音声ガイドを題材としており、バリアフリー上映への注目が集まりそうだ。【村瀬優子】

 映連では、障害者の生活に関わる障壁を取り除くため、昨年4月に施行された障害者差別解消法の趣旨に沿っ…

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1220文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです