メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

誕生100年 おしゃれ!銀の琵琶湖 ピンバッジ人気、購入希望も 記念事業協賛者へ進呈 /滋賀

「おしゃれ」と人気を呼ぶ記念事業協賛者への記念品=滋賀県東近江市佐野町のファブリカ村で、金子裕次郎撮影

 6月30日にびわ湖ホールで開かれる「びわ湖音楽祭」など「琵琶湖周航の歌100周年記念事業」への協賛者に贈られる記念品「biwako pins」が、おしゃれなアクセサリーとして注目されている。琵琶湖をかたどった銀製のピンバッジ(3・5センチ)で、音楽祭の開催地、大津市打出浜の位置に小さな「びわ湖真珠」が付いている。バッジの中央に刻印された「2017♪」もシンプルで、基本デザインを考案した同事業の実行委員、北川陽子さんには、記念品と知らず「商品を購入したい」との声が多く寄せられているという。

 記念品は、琵琶湖周航の歌の継承と水環境の保護を呼び掛ける同事業の趣旨に賛同し、協賛金(1口3000円)を納めた個人に贈られている。1966年から真珠の販売を手がける神保真珠商店(大津市中央3)制作の1000個限定品で、質感やデザイン性の良さから、受け取った記念品を上着の襟などに付ける人も多いという。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです