メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

誕生100年 おしゃれ!銀の琵琶湖 ピンバッジ人気、購入希望も 記念事業協賛者へ進呈 /滋賀

「おしゃれ」と人気を呼ぶ記念事業協賛者への記念品=滋賀県東近江市佐野町のファブリカ村で、金子裕次郎撮影

 6月30日にびわ湖ホールで開かれる「びわ湖音楽祭」など「琵琶湖周航の歌100周年記念事業」への協賛者に贈られる記念品「biwako pins」が、おしゃれなアクセサリーとして注目されている。琵琶湖をかたどった銀製のピンバッジ(3・5センチ)で、音楽祭の開催地、大津市打出浜の位置に小さな「びわ湖真珠」が付いている。バッジの中央に刻印された「2017♪」もシンプルで、基本デザインを考案した同事業の実行委員、北川陽子さんには、記念品と知らず「商品を購入したい」との声が多く寄せられているという。

 記念品は、琵琶湖周航の歌の継承と水環境の保護を呼び掛ける同事業の趣旨に賛同し、協賛金(1口3000円)を納めた個人に贈られている。1966年から真珠の販売を手がける神保真珠商店(大津市中央3)制作の1000個限定品で、質感やデザイン性の良さから、受け取った記念品を上着の襟などに付ける人も多いという。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです