カジノ

「アカン」 「カネさえ入ればという考え方は問題」 考える大阪ネット、桜田・阪南大教授に聞く /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カジノ問題を考える大阪ネットワーク代表の桜田照雄・阪南大教授=大阪府松原市天美東5の同大で、亀田早苗撮影
カジノ問題を考える大阪ネットワーク代表の桜田照雄・阪南大教授=大阪府松原市天美東5の同大で、亀田早苗撮影

 カジノ解禁に向けた「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)が昨年12月に成立、2025年万博の開催地に立候補した府と大阪市は、隣接地にIR誘致を目指す。カジノは地方経済再生の切り札になり得るのか。市民団体「カジノ問題を考える大阪ネットワーク代表」の桜田照雄・阪南大流通学部教授は「カジノ業者のもうけは、客の負け。人の不幸の上に経済発展が築けるのか」と危機感をあらわにする。【聞き手・亀田早苗】

この記事は有料記事です。

残り1663文字(全文1864文字)

あわせて読みたい

ニュース特集