メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土

初の空路墓参、6月18日で調整 日露政府

北方領土

 日露両政府は、初めて航空機を利用する北方領土への墓参を、6月18日に実施する調整に入った。元島民ら約70人が国後・択捉両島を日帰りで訪問する想定で、鶴保庸介沖縄・北方担当相が同行することも検討している。政府関係者が19日、明らかにした。

     空路での墓参は、安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が4月にモスクワで行った日露首脳会談で合意していた。日本政府は既に元島民に対し、墓参への参加募集を始めた。

     航空機で移動時間を大幅に短縮し、高齢化が進む元島民の負担軽減を図る狙い。北方領土への査証(ビザ)なし訪問はこれまで基本的に船舶を利用してきた。航空機による訪問は2000年に行われたが、墓参としては今回が初めて。

     今回の墓参では、日本がロシアの民間機1機をチャーター。北海道の中標津空港から国後島のメンデレーエフ空港を経由し、択捉島のヤースヌイ空港まで飛行する。元島民らは各空港で入域手続きを行う。ただ、天候次第で日程が延期される可能性もある。【竹内望】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 働き方法案可決 人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん
    2. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
    3. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
    4. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
    5. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]