メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝半導体

「日米連合」買収額示さず 売却選定難航

2次入札をめぐる構図

 経営再建中の東芝は19日、半導体メモリー事業の売却先を選ぶ2次入札を締め切った。米ファンドのベインキャピタルが応札する一方、官民ファンドの産業革新機構などによる「日米連合」は入札参加の意向を示したものの、金額などの条件は後日提示することにした。東芝は2次入札で売却先をある程度、絞り込みたい考えだったが、東芝と協業する米ウエスタン・デジタル(WD)が売却に反対するなど先行きは不透明で、選定作業は難航している。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです