メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝半導体

「日米連合」買収額示さず 売却選定難航

2次入札をめぐる構図

 経営再建中の東芝は19日、半導体メモリー事業の売却先を選ぶ2次入札を締め切った。米ファンドのベインキャピタルが応札する一方、官民ファンドの産業革新機構などによる「日米連合」は入札参加の意向を示したものの、金額などの条件は後日提示することにした。東芝は2次入札で売却先をある程度、絞り込みたい考えだったが、東芝と協業する米ウエスタン・デジタル(WD)が売却に反対するなど先行きは不透明で、選定作業は難航している。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです