メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾・蔡政権1年

中国から圧力 内政は停滞

会合であいさつする台湾の蔡英文総統=台北市で2017年5月19日午前、福岡静哉撮影

 【台北・福岡静哉】台湾で民進党の蔡英文政権が発足し20日で1年を迎える。中国と台湾が「一つの中国」に属すると中台間で確認したとされる「1992年合意」を受け入れない姿勢に対し、中国からの圧力が強まり内政は停滞している。支持率は低下傾向で、改革に向けた「生みの苦しみ」の渦中にある。

 蔡氏は19日、海外の華字紙記者らとの会合で「(中台)外交で我々が堅持してきた立場と価値は変わらない」と強調した。馬英九前政権(国民党)と同様に合意を受け入れるよう迫る中国に屈しない姿勢を改めて示した。

 影響は地域経済に及んでいる。中国から台湾への観光客は政権発足以降、毎月減っている。圧力の一環とみら…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1166文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]