メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南シナ海問題

中比が初会合 第三国の関与排除へ

 【貴陽(中国貴州省)河津啓介、バンコク西脇真一】中国とフィリピンは19日、中国貴州省貴陽で南シナ海問題に関する対話メカニズムの初会合を開き、半年に1度の定期開催で合意した。フィリピン側は中国の権益主張を退けた昨年7月の仲裁裁判所の判決にも言及し、将来の議題となるとみられる。中国は、裁判を提起したフィリピンと「当事国による解決」を目指す枠組みを始動させたことで、国際司法の判断を受け入れず日米など第三者の関与も排除する動きを強めるとみられる。

 初会合には、中国代表として劉振民外務次官、フィリピンはサンタロマナ駐中国大使が出席。中国外務省によると、対話メカニズムを「信頼醸成措置と協力の土台」と位置付け、互いの関心事項について「双方が受け入れ可能な対処方法について話し合いを進める」ことなどで同意。次回は年内にフィリピンで開催する。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです