メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南シナ海問題

中比が初会合 第三国の関与排除へ

 【貴陽(中国貴州省)河津啓介、バンコク西脇真一】中国とフィリピンは19日、中国貴州省貴陽で南シナ海問題に関する対話メカニズムの初会合を開き、半年に1度の定期開催で合意した。フィリピン側は中国の権益主張を退けた昨年7月の仲裁裁判所の判決にも言及し、将来の議題となるとみられる。中国は、裁判を提起したフィリピンと「当事国による解決」を目指す枠組みを始動させたことで、国際司法の判断を受け入れず日米など第三者の関与も排除する動きを強めるとみられる。

 初会合には、中国代表として劉振民外務次官、フィリピンはサンタロマナ駐中国大使が出席。中国外務省によ…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文835文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです