メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スウェーデン検察当局

アサンジ氏の逮捕状取り下げ

アサンジ容疑者=AP

 【ロンドン矢野純一】スウェーデン検察当局は19日、内部告発サイト「ウィキリークス」創設者のジュリアン・アサンジ容疑者(45)に対する性犯罪容疑の捜査を打ち切り、逮捕状を取り下げると発表した。当局は「現段階では犯罪を立証できないため」と説明した。ただロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んだ状態が終結につながるかは不明。

     アサンジ容疑者は、知人女性への暴行など性犯罪容疑で国際指名手配され、2010年に英国内で逮捕された。スウェーデンに移送されれば公電を暴露した責任を追及する米国に身柄を引き渡される可能性が高いとして、保釈中の12年6月にロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んだ。以来約5年間、同大使館に滞在している。

     アサンジ容疑者は保釈条件に違反して同大使館に滞在しており、英警察は大使館を出た段階で逮捕するとの声明を発表した。

     発表を受け、アサンジ容疑者はツイッターで「罪なきまま7年間も拘禁され、その間、子供たちは育ち、私の名前も中傷された。このことを許したり忘れたりすることはない」と書き込んだ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
    3. 森友学園 籠池夫妻の保釈決定 補助金詐欺で大阪地裁
    4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
    5. 競泳 古賀淳也がドーピング陽性 アジア大会代表取り消し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]