メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人骨19人分確認、世界最大級 沖縄・石垣島

沖縄・石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡から出土した全身骨格「4号人骨」=沖縄県立埋蔵文化財センター提供

 沖縄県立埋蔵文化財センター(西原町)は19日、同県・石垣島の白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡の5年間(2012~16年)の発掘調査で、旧石器時代の人骨を1000点超、少なくとも19人分確認したと発表した。出土量は世界最大級。国内最古の全身骨格の人骨もあった。同センターは洞穴を墓にして風葬のように葬ったと判断。旧石器時代の人骨の葬送と墓域が分かるのは初で、国内最古とみられる。日本の墓制の起源や当時の葬送概念を考える上で重要な成果となる。

     人骨の年代は2万7000~1万8000年前。全身骨格がそろった人骨は2体分あり、うち1体の年代は2万7000年前で頭蓋骨(ずがいこつ)を含めて国内最古となる。高齢の成人男性で身長は165センチ。これまで旧石器時代の全身骨格は、沖縄本島の港川フィッシャー遺跡(2万2000年前)でしか見つかっていない。

     この人骨は洞穴内の岩陰にあり、遺体はあおむけのまま、ひざは胸まで、ひじは両手が顔に近づくまで折り曲げていた姿勢と分かった。ほかの人骨も岩陰で見つかった。同センターは、屈葬の形で岩陰に置いて葬り続けたとみている。人骨は同センターで28日まで展示される。【大森顕浩】

    当時の死生観うかがえる

     土肥直美・元琉球大准教授(形質人類学)の話 旧石器時代の人骨が19人分も出土するのは世界でもありえない発見。遺体をわざわざ曲げて葬っているところに、当時の人々の死生観がうかがえる。

     【ことば】白保竿根田原洞穴遺跡

     旧石器時代~近世の人骨や動物の骨が出土する沖縄県・石垣島の複合遺跡。空港建設に伴う調査で発見され、同県立埋蔵文化財センターが2012~16年に本格調査を実施した。旧石器時代の人骨では初めてヒトのDNA抽出にも成功。中国大陸南部や東南アジアなどが起源のパターンと判明し、日本人のルーツを探る貴重なデータとなっている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 花壇 花持ち去り相次ぐ ボランティアら落胆 栃木 
    2. 映画 主演リリーさん「障害者への勝手なイメージ変えて」
    3. 被害届「不起訴相当」 詩織さんと山口氏のコメント全文
    4. 生き残りの模索 金正恩体制5年/上 不屈の美女ビジネス 制裁の中、外貨稼ぎ
    5. 美濃加茂高 「反省足りない」100mダッシュ100本超

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]