高校野球

春季関東地区大会 土浦湖北、石岡一敗退 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【石岡一-健大高崎】八回裏健大高崎無死一塁、渡口の適時二塁打で6点目=水戸市の水戸市民球場で
【石岡一-健大高崎】八回裏健大高崎無死一塁、渡口の適時二塁打で6点目=水戸市の水戸市民球場で

 第69回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)が20日、水戸市の水戸市民球場などで開幕した。8都県の各予選を勝ち抜いた計18校が、優勝を目指す。初日は2球場で1、2回戦各2試合の計4試合があり、土浦湖北は横浜(神奈川2位)に0-10で、石岡一も健大高崎(群馬2位)に0-7で、それぞれコールド負けした。21日は明秀日立が作新学院(栃木2位)と、霞ケ浦が白鴎大足利(栃木1位)と準々決勝進出をかけて対戦する。【杉沢京香】

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1055文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい