メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平戸城

城に泊って殿様、お姫様体験 応募7428組から当選のカップル 市「歴史生かす観光の契機」 /長崎

武者行列に先導されて平戸城に向かう大田さん(中央右)と伊藤さん(同左)=長崎県平戸市で2017年5月20日、峰下喜之撮影

 応募7428組のカップルから選ばれた男女の「1日平戸城主」が20日、平戸市の平戸城天守閣に1泊し、武者行列の出迎えを受けるなどして殿様、お姫様気分を味わった。民泊サービス会社の企画に協力した市は「今後も連携して、歴史的資源を生かした観光まちづくりを進めたい」としている。【峰下喜之】

 1日城主は大津市の大学生カップル、大田勇輝さん(20)と伊藤帆甫(ほなみ)さん(21)。伊藤さんはこの日が誕生日で、平戸城宿泊企画「キャッスルステイ」に応募。抽選で上位3組の外国人が辞退し、当選が回ってきた。

 福岡空港から車で平戸市内の美容室に直行し、大田さんは金色の陣羽織とはかま、伊藤さんは青地に花柄が鮮やかな振り袖に着替えて殿様とお姫様に変身。平戸城大手門に移り、武者に扮(ふん)した学生ボランティアら約30人の出迎えを受けた。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです