メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

総選挙とEU離脱 英紙・元政治部長に聞く

アンドリュー・ポーター氏=ロンドン市内で矢野撮影

 【ロンドン矢野純一】来月8日に迫った英国の総選挙について、英紙テレグラフの元政治部長でコンサルタント会社「ブランズウィック」(本社・ロンドン)のパートナー、アンドリュー・ポーター氏に聞いた。

保守党優勢、交渉後押し

 欧州連合(EU)との離脱交渉の本格化を控え、争点は、先の見通せない不安定な時代に誰が国を率いるのがベストなのかだ。

 保守党党首のメイ首相は総選挙を発表した際、「交渉に向けて国益を守るために強い指導力が必要だ」と演説…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文669文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです