メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

インド・ナーシク 拡大するワイン産業 品質向上の「成長株」 寒暖差や日照、強い香り生む

ワインの原液が詰まった樽の前に立つカラン・バサニさん=インド中部ナーシクのスーラ・ビンヤーズで、金子淳撮影

 インドのワイン産業が拡大している。従来は「B級」扱いされがちだったインド産ワインだが、近年はフランスのコンテストで受賞するなど、質の高さが世界的にも徐々に認知されてきた。年を追うごとに品質が向上しており、「成長株」としてワイン愛好家の間でも注目が集まっている。

 中部ナーシクのワイナリー「スーラ・ビンヤーズ」。焼け付くような日差しの下、見渡す限りのブドウ畑が広がっていた。「ワインは初めてだけど、とてもおいしい」。レストランのテラス席でテイスティングをしていた大学生、サヒティ・プリヤさん(21)は笑顔を浮かべた。

 スーラは契約農家を含め、約2200エーカーでワイン用のブドウを栽培。2016年は1万4000トンのブドウから約1000万リットルを製造した。大半は国内向けだが、日本や欧米など30カ国に輸出もしている。「市場は毎年、15~20%ずつ拡大している。出荷量もどんどん増やしている」。ワイン製造の責任者、カラン・バサニさん(31)はそう胸を張った。

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです