メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『作家的覚書』=高村薫・著

 (岩波新書・842円)

 雄渾(ゆうこん)にして細緻なストーリーと情景描写、昭和や平成の時代を如実に映す人物造形。そんな小説の数々を世に問うてきた作家が、2014年から16年にかけて日本社会の特に政治状況について書き連ねた時評を集めた。「思えば、遠くまで来たものである」と、憲法が抜け殻になっていることの危機感が繰り返される。

 立憲主義を軽視した集団的自衛権の行使容認、東日本大震災の大津波と原発爆発事故を経てもなお既得権益を守ろうとする「国土強靱(きょうじん)化」と原発再稼働。なぜこうなるのか。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  2. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです