メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

養老孟司・評 『心を操る寄生生物 感情から文化・社会まで』=キャスリン・マコーリフ著

 (インターシフト・2484円)

感染症への警戒から嫌悪は生まれる

 寄生している生きものが宿主の行動を操作する。寄生虫が自分の生存に都合のいいように相手を動かしてしまう。そういう事実がいくつも知られるようになった。おそらくテレビや書物で、そうした例を見聞きしたことがある人は多いと思う。

 たとえばある種のハリガネムシは、コオロギを操作して、水に飛び込ませるようにする。水に飛び込んだコオロギは間もなくカエルや魚に食べられ、ハリガネムシは水中に脱出して、次の宿主を探す。べつな吸虫(きゅうちゅう)は磯の小魚の脳に取り付き、小魚の行動を左右する。取り付かれた魚は水面近くで反転するという行動を頻繁にとるようになり、これは目立つので、鳥に食べられやすくなる。魚が食べられたら、吸虫は今度は鳥の腸で育つ。こうした既知の例を挙げていけば、いまでは相当な数になる。本書の最初の三分の一は、こうした事例を扱う。専門的には神経寄生生物学と呼ばれる分野である。

 次の三分の一は、われわれヒトにも常在、あるいは感染している微生物と、宿主との関係である。たとえば世…

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです