メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『地球はなぜ「水の惑星」なのか』=唐戸俊一郎・著

 (講談社ブルーバックス・1080円)

地球内部の多量の水と海の関係

 地球儀を見ると全体の七〇%は海であり、海があったからこそ生きものが存在するのだとされている。もっとも生きものがいつ、どこで、どのようにして誕生したのかはまだ解明されていないのだが、恐らく地球の海で生まれたのだろうと思う。そして、地球は水の惑星であると言われれば海を思い浮かべ、その通りと思ってきた。

 ところで本書は、地球内部は質量にして海水の五〇〇〇倍近くあり、そこには海よりはるかに多量の水がある…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1474文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 日産3社連合暗雲 ルノー後任協議へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです