メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『地球はなぜ「水の惑星」なのか』=唐戸俊一郎・著

 (講談社ブルーバックス・1080円)

地球内部の多量の水と海の関係

 地球儀を見ると全体の七〇%は海であり、海があったからこそ生きものが存在するのだとされている。もっとも生きものがいつ、どこで、どのようにして誕生したのかはまだ解明されていないのだが、恐らく地球の海で生まれたのだろうと思う。そして、地球は水の惑星であると言われれば海を思い浮かべ、その通りと思ってきた。

 ところで本書は、地球内部は質量にして海水の五〇〇〇倍近くあり、そこには海よりはるかに多量の水がある…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1474文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  5. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]