長野・白馬岳雪崩

不明の男性遺体発見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長野県白馬村の北アルプス白馬岳(2932メートル)の白馬大雪渓で先月28日、雪崩に巻き込まれ行方不明になっていた同村神城、会社員、長谷川仁さん(37)の遺体が20日午後、約2メートル下の雪の中から見つかった。県警大町署によると、死因は窒息死とみられる。

 長谷川さんは勤務先の同僚の男性と登山中だった…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文201文字)

あわせて読みたい

注目の特集