メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁判員裁判

制度施行8年 裁判員、増え続ける辞退 長期審理敬遠か

裁判員裁判選任と辞退の流れ

 21日に制度開始から8年を迎える裁判員裁判で、裁判員を辞退する人の割合(辞退率)や裁判員を決める選任手続きに欠席した人の割合(欠席率)が上昇している原因について、最高裁は「審理予定日数が長期化した点などが影響した可能性が高い」とする分析結果を公表した。分析を受け、最高裁は改善策の検討に乗り出す。【伊藤直孝】

 裁判員候補者は、前年秋に作成された名簿を基に事件ごとに選定される。「調査票」「事前質問票」「選任手続き当日」と三つの過程で辞退が認められている。

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです