将棋

電王戦 ソフト、佐藤名人に連勝 急速な進化示し幕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
電王戦第2局で、将棋ソフトに敗れた佐藤天彦名人=兵庫県姫路市の姫路城で2017年5月20日午後、三村政司撮影
電王戦第2局で、将棋ソフトに敗れた佐藤天彦名人=兵庫県姫路市の姫路城で2017年5月20日午後、三村政司撮影

 コンピューター将棋ソフトと棋士が戦う第2期電王戦二番勝負第2局は20日、兵庫県姫路市の姫路城で行われ、ソフトのPONANZA(ポナンザ、開発者・山本一成氏と下山晃氏)が佐藤天彦(あまひこ)名人(29)に94手で勝って2連勝を飾った。第1期は山崎隆之八段(36)がポナンザに2連敗した。

 電王戦は今回が最後となり、ソフトの進化が人間を上回った結果で終了した。

 佐藤名人の先手番で角換わり戦になり、序盤戦はほぼ互角で推移したが、駒がぶつかった中盤戦で次第に差が広がった。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集