メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイン産業

インドで拡大 品質向上が愛好家の注目集める

ワインの原液が詰まった樽の前に立つカラン・バサニさん=インド中部ナーシクのスーラ・ビンヤーズで2017年4月、金子淳撮影

寒暖差や日照 強い香り生む

 インドのワイン産業が拡大している。従来は「B級」扱いされがちだったインド産ワインだが、近年はフランスのコンテストで受賞するなど、質の高さが世界的にも徐々に認知されてきた。年を追うごとに品質が向上しており、「成長株」としてワイン愛好家の間でも注目が集まっている。

 中部ナーシクのワイナリー「スーラ・ビンヤーズ」。焼け付くような日差しの下、見渡す限りのブドウ畑が広がっていた。「ワインは初めてだけど、とてもおいしい」。レストランのテラス席でテイスティングをしていた大学生、サヒティ・プリヤさん(21)は笑顔を浮かべた。

 スーラは契約農家を含め、約2200エーカーでワイン用のブドウを栽培。2016年は1万4000トンの…

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです