メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

国民党主席に呉敦義氏

呉敦義前副総統=台北市内で2017年1月9日、鈴木玲子撮影

 【台北・福岡静哉】台湾の最大野党・国民党は20日、党員投票による主席選挙を実施し、呉敦義(ご・とんぎ)前副総統(69)が初当選した。同党は昨年の総統選と立法委員(国会議員)選挙で大敗。来年11月の統一地方選に向け、低迷する党勢の立て直しを図る。任期は8月20日から4年間。

 呉氏は、戦前からの台湾居住者の子孫であ…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです