メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英総選挙

保守党優勢、離脱交渉後押し…英紙元政治部長

アンドリュー・ポーター氏=ロンドン市内で矢野撮影

 【ロンドン矢野純一】来月8日に迫った英国の総選挙について、英紙テレグラフの元政治部長でコンサルタント会社「ブランズウィック」(本社・ロンドン)のパートナー、アンドリュー・ポーター氏に聞いた。

 欧州連合(EU)との離脱交渉の本格化を控え、争点は、先の見通せない不安定な時代に誰が国を率いるのがベストなのかだ。

 保守党党首のメイ首相は総選挙を発表した際、「交渉に向けて国益を守るために強い指導力が必要だ」と演説…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文652文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  2. 雑記帳 日本薬科大(埼玉県伊奈町)は、人気ラーメン店「麺屋武蔵」と共同開発した…
  3. イスラムが見る現代科学 神と火星と進化論/1 UAE、2117年移住計画 宇宙の断食、どうする?
  4. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  5. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]