メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英総選挙

保守党優勢、離脱交渉後押し…英紙元政治部長

アンドリュー・ポーター氏=ロンドン市内で矢野撮影

 【ロンドン矢野純一】来月8日に迫った英国の総選挙について、英紙テレグラフの元政治部長でコンサルタント会社「ブランズウィック」(本社・ロンドン)のパートナー、アンドリュー・ポーター氏に聞いた。

 欧州連合(EU)との離脱交渉の本格化を控え、争点は、先の見通せない不安定な時代に誰が国を率いるのがベストなのかだ。

 保守党党首のメイ首相は総選挙を発表した際、「交渉に向けて国益を守るために強い指導力が必要だ」と演説…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 大阪市の指定暴力団幹部宅で拳銃4丁と覚醒剤約1.5キロを押収
  5. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです