メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 競馬の話が書きたくなった。得てして、ギャンブルの話は素人には“ちんぷんかんぷん”。ファンからは「こんな話、ニュースじゃないぜ!」とお叱りを受けるが、今回は、誰でも知っている武豊さんの、あまり知られていない「ちょっといい話」だ。

 競馬は「距離の長さ」で短距離、マイル、中距離、長距離に分かれる。(諸説あるが)短距離は1000メートル▽1200メートル。スピード自慢の馬が集結する。マイルは1400メートル▽1600メートル▽1700メートル▽1800メートル。短距離と中距離の間だ。中距離は2000メートル▽2200メートル▽2400メートル▽2500メートル。芝のこの距離で頂点に立つのが一番の名誉。この距離のG1レースは賞金が高い。

 長距離は、3000メートル▽3200メートル▽3600メートル。スピードは無いけどスタミナなら!という馬の出番? 天皇賞・春(G1・京都・芝3200メートル)など、年間数レースしか行われていない。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  2. ピンチ救った8球 巨人・鍵谷の切れるスライダー、1死満塁しのぐ

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 金正男氏殺害で一時拘束された北朝鮮男性の特異な素顔 米司法省訴追で浮かぶ軌跡

  5. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです