メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

トランプ氏初外遊、サウジ訪問 反イラン、思惑一致 不信払拭果たせず

 トランプ米大統領はイスラム圏の「盟主」を自任するサウジアラビアを初外遊先に選び、21日の演説では中東やイスラム諸国の指導者に連携を主張した。選挙中の言動で「反イスラム」のイメージが定着したトランプ氏。中東諸国との信頼関係の構築ができるかは見通せない。

 「我々がここに一堂に会したのは、共通した利益と価値観に基づいて協力し、よりよい将来を追求するためです」。トランプ氏は演説でイスラム圏約50カ国の指導者らを前に訴えた。

 トランプ政権が中東諸国との連携強化を重視するのは、過激派組織「イスラム国」(IS)対策やシリア情勢…

この記事は有料記事です。

残り1745文字(全文2005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです