メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

サウジに武器輸出契約、12兆円 イラン・ISにらみ

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は就任後初の海外訪問先サウジアラビアで巨額の武器輸出契約を受注した。訪問直前にはアラブ首長国連邦(UAE)への武器輸出でも合意。弾道ミサイル開発を進めるイランと過激派組織「イスラム国」(IS)の脅威をテコに、武器輸出拡大を実現した形だ。

 サウジと20日結んだ武器売却契約は、当初分だけで1090億ドル(約12兆円)。ティラーソン米国務長官などによるとサウジは総額3800億ドル超の対米インフラ投資にも合意しており、前代未聞の額だ。

 サウジへの武器売却は、イランに対抗する最新鋭迎撃システム「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」の…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです