連載

学校とわたし

著名人が自身の学校生活を振り返ります。

連載一覧

学校とわたし

伝説の国語教師に育まれ=神奈川県知事・黒岩祐治さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
黒岩祐治さん
黒岩祐治さん

黒岩祐治(くろいわ・ゆうじ)さん

 僕には恩師と呼べる人がいます。通っていた灘中・高校(神戸市)の伝説の国語教師で、2013年に101歳で亡くなった橋本武先生です。

 灘は進学校で受験勉強ばかりやっていると見られがちでしたが、実際は違って、先生たちが好き勝手な授業をしていました。その中の究極の自由人が、橋本先生でした。

 橋本先生は文部省(当時)が指定した教科書を一切使わなかった。「あんなものを使っていたらアホになる」とか言って。代わりに使ったのは小説「銀の匙(さじ)」。これを中学3年間かけて読み解くユニークな授業でした。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文973文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集