連載

はたらく

正社員やパート、派遣など雇用形態のみならず、在宅ワークや地域活動を仕事にするなど働き方は多様化しています。現場での取り組みや課題を取り上げ、働き方を考えます。

連載一覧

はたらく

なぜコミュニケーション能力か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
合同企業説明会に参加した就職活動中の学生ら=千葉市美浜区で3月
合同企業説明会に参加した就職活動中の学生ら=千葉市美浜区で3月

 新卒採用の選考では「コミュニケーション能力」を重視するという企業が9割近くにのぼる。なぜ、これほどまでもてはやされるようになったのか。背景を探った。

 ●企業の9割重視

 「相手の目を見てはっきり話す。印象はかなり違うよ」。人材コンサルタントの声が飛ぶ。東京都内の人材支援会社。就職活動中の青山学院大4年の男子学生は定期的に面接指導を受けている。「ボディーランゲージも使い適度な声量で話す。コミュ障(他人との付き合いが苦手なこと)ですが、コツはつかめてきました」

 面接でうまく振る舞いたい。就活生がそう望むのは企業から求められていると考えるためだ。経団連の企業調査によると新卒採用選考で特に重視する要素は、コミュニケーション能力が13年連続首位。2016年卒採用では約9割が挙げた(図)。

この記事は有料記事です。

残り1921文字(全文2264文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集