メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・梅田

地下街表示「迷わせへん」 英語表記統一へ

梅田の案内表示。地下鉄御堂筋線梅田駅は「Umeda Sta」=岡崎大輔撮影

 大阪観光局や大阪府・市、鉄道各社などは、ターミナル駅や大型商業施設、地下街が複雑に入り組む大阪・梅田で、設置者ごとに異なる英語表記を統一するなど、分かりやすい案内表示に改める取り組みを始める。訪日外国人(インバウンド)の利用が増える一方で、「案内が分かりにくい」との声が寄せられていた。官民による協議会を近く設置し、まずは現状の把握に乗り出す。

 大阪観光局によると、協議会には府・市のほか、JR西日本や阪急電鉄、阪神電鉄、大阪地下街株式会社などが参加する方向。外国人客が大勢訪日すると予想される2019年のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に間に合うように取り組みを進める。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです