万松寺

コンピューター制御の納骨堂 織田家ゆかりの古刹

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
21日に完成した万松寺白龍館=名古屋市中区大須で2017年5月21日午前10時54分、尾崎稔裕撮影
21日に完成した万松寺白龍館=名古屋市中区大須で2017年5月21日午前10時54分、尾崎稔裕撮影

 織田信長の父信秀が織田家の菩提(ぼだい)寺として建立した亀岳林(きがくりん)万松寺(ばんしょうじ)(名古屋市中区大須)で21日、遺骨2万柱を収容できるコンピューター制御の納骨堂、最新式のLED照明を備えた多目的ホールを持つ「白龍館」が完成した。

 織田家ゆかりの古刹(こさつ)は、建物正面脇に白い竜のモニュメントが置かれた近代ビルとして生まれ変わった。地上5階、地下2階建て延べ3135平方メートル。地下は納骨堂、2~3階は20…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

あわせて読みたい

注目の特集