メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球

立大勝ちタイに 法大は東大に連勝

東京六大学野球、明大戦で三回表立大2死一、二塁から左越え3ランを放った立大山根(左から2人目)を迎える選手たち=神宮球場で2017年5月21日、江連能弘撮影

 東京六大学野球は21日、神宮球場で第7週の2回戦2試合が行われ、立大が山根(4年・浦和学院)の2本塁打4打点など13安打9得点で明大に大勝し、1勝1敗のタイに持ち込んだ。法大は菅野(3年・小高工)が東大を4安打完封し、勝ち点を3に伸ばした。優勝争いは最終第8週の早大-慶大戦を残し、立大、慶大、早大の3校に絞られた。明大の連続優勝は2季で途切れ、法大の優勝の可能性も消えた。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです