メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中核派・渋谷ゲリラ事件

新潟中央署、中村警部補殉職から35年 /新潟

黙とうをささげる新潟中央署の大竹和義留置管理課長(手前左)と新潟中央署員ら=2006年、新潟市寄居町の同署で

後輩に受け継がれた遺志、ゲリラ事件を風化させたくない

 沖縄返還協定の批准に反対する中核派の学生らが71年11月14日、東京都の渋谷駅周辺でゲリラ活動を繰り広げ、警備応援に駆けつけた新潟中央署内の関東管区機動隊新潟中央小隊所属、中村恒雄警部補(当時21歳)が殉職した事件から35年を迎えた。同隊で共に前線に出た大竹和義・同署留置管理課長(58)が事件を風化させたくない思いで「後輩に事件を語り継ごう」と振り返った。(敬称略)【聞き手・黒田阿紗子】

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1298文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです