安保理

北朝鮮非難、報道声明 ミサイル発射受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク國枝すみれ】北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会(15カ国)は22日、北朝鮮を強く非難し、「制裁を含めた重大な措置を取る」と警告する報道声明を発表した。安保理は23日午前(日本時間同日午後)に緊急会合を開催し対応を協議する。制裁強化に向け、米国と中国の綱引きが活発化しそうだ。

 報道声明は、安保理の警告を無視して北朝鮮がミサイル発射を続けていることに「最大限の懸念」を表明。安保理理事国はすべての制裁措置を「完全に履行すると誓う」と明記し、また加盟国にも「速やかかつ真剣」な履行を強く要請した。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集