メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

護憲政党“漂流”続く? 社民党本部、潮の香りする隅田川沿いに移転 安倍首相が改憲表明したそのときに

新しく移転した社民党本部の窓から隅田川を見つめる福島瑞穂副党首。橋の向こうはタワーマンションが並んでいた=東京都中央区で2017年5月12日、中村藍撮影

 何か因縁めいてはいないか。憲法記念日に安倍晋三首相が、支援団体の会合でビデオを通して2020年までに憲法改正を目指す考えを表明したその5日後、社民党は国会から離れた隅田川沿いに党本部を移転させたのだ。護憲政党の“漂流”は続くのか。【葛西大博】

 かすかに潮の香りを感じた。それもそのはず、新しい社民党本部は東京湾に程近い河口付近、東京都中央区湊3の民間ビルの2フロアに入居している。ビルの裏側には隅田川が流れ、川べりの遊歩道ではベンチでランチを取るサラリーマンやランナーが行き交う。黒塗りの高級車が行き交う永田町とは違って、のどかな風景である。

 国会から地下鉄で来たという福島瑞穂副党首に党本部を案内してもらった。5階でエレベーターを降りると、…

この記事は有料記事です。

残り2405文字(全文2727文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです