ニゴロブナ

田んぼで大きくな~れ 彦根・城陽小が放流 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バケツから静かにニゴロブナの仔魚を田んぼに放流する児童たち=滋賀県彦根市甘呂町で、西村浩一撮影
バケツから静かにニゴロブナの仔魚を田んぼに放流する児童たち=滋賀県彦根市甘呂町で、西村浩一撮影

 彦根市甘呂町の田んぼで、近くの市立城陽小学校の5年生45人が、琵琶湖の固有種でふなずしの材料になるニゴロブナの仔魚(しぎょ)6万5000匹を放流した。

 「田んぼでニゴロブナを育てよう」という環境教育の一環。ニゴロブナはかつて琵琶湖と田んぼが行き来しやすかった時代、水温が高くプランクトンも多い田んぼを産卵場所としていた。田んぼが稲作だけでなく在…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

あわせて読みたい

注目の特集