メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ほじょ犬の日

障害者の声広げる努力を 法成立15年振り返る 東京でシンポ /兵庫

パネリストの西澤陽一郎さんのそばで眠る介助犬のラッキー=東京都千代田区で、中村藍撮影

 22日の「ほじょ犬の日」にあわせて東京都千代田区の衆院第1議員会館であった「『ほじょ犬の日』啓発シンポジウム」。補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の使用者や関係団体などから多くの人が参加し、2002年5月22日の身体障害者補助犬法の成立から15年を振り返り、課題や展望について活発に意見を交わした。【高尾具成】

 第1部では「障害者理解の最前線~障害の社会モデルを知る~」と題して東京大学大学院・バリアフリー教育…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  2. レルヒさんもため息? 雪国の新潟、歴史的暖冬で経済大打撃 影響深刻化も

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです