自転車交流

今治市が沖縄・名護市と “文化”定着へ協定 /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
お互いのサインを入れた協定記念サイクルジャージーを掲げる稲嶺進・名護市長(左)と菅良二・今治市長=沖縄県名護市役所で、愛媛県今治市提供
お互いのサインを入れた協定記念サイクルジャージーを掲げる稲嶺進・名護市長(左)と菅良二・今治市長=沖縄県名護市役所で、愛媛県今治市提供

 今治市は沖縄県名護市との間で「自転車を通じたまちづくり交流協定」を結んだ。沖縄本島北部にある名護市は国際自転車競技連合(UCI)公認の大規模なロードレース「ツール・ド・おきなわ」の発着点で、瀬戸内しまなみ海道を自転車の「聖地」としてアピールする今治市と交流を進め、「自転車新文化」の定着を目指す。

 締結式は名護市役所であり、菅良二・今治市長と稲嶺進・名護市長が互いの名前をサインした協定記念サイクル…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集