メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

正岡子規

「俳諧大要」ここから生まれた 「文学の一部」…弟子の影響? 記念博館長、講演で秘話 松山 /愛媛

竹田美喜館長が考証に基づき「俳諧大要」の誕生秘話を披露した講演会=松山市道後公園の松山市立子規記念博物館で、成松秋穂撮影

 「俳句は文学の一部なり」と宣言した、正岡子規(1867~1902年)の代表的な俳句論稿「俳諧大要」の誕生秘話を披露する講演会が、松山市道後公園の市立子規記念博物館であった。俳句を日本文学の中に位置づけたとして重要視されるこの命題について、竹田美喜館長が考証を基に「子規が考え出した言葉ではなく、弟子の村上鬼城が子規に宛てた書簡に触発されたもの」と明かし、集まった約120人の愛好家らが熱心に耳を傾けた。【成松秋穂】

 子規、夏目漱石、柳原極堂の生誕150年を記念し同館で開かれている特別企画展「子規・漱石・極堂-俳句…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです