メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

サウジに急接近 イスラエル胸中複雑 首脳会談

 【エルサレム大治朋子】イスラエルを初めて公式訪問したトランプ米大統領。街の歓迎ムードとは裏腹に、ネタニヤフ首相の立場は複雑だ。サウジアラビアとは米国史上最大規模とされる武器売却で合意するなど、「予想以上」の急接近。イスラエルには、ユダヤ人入植(住宅)地建設の自制を求めるなど「予想を下回る」対応が続き、連立政権内から不満が高まる。内憂外患を抱え、ネタニヤフ氏は22日夕、トランプ氏との会談に臨んだ。

 地元紙エルサレム・ポストは15日、両首脳会談での米国側への要請として「5項目」を予想した。イランへ…

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです